お客様、地域の関係者からのメッセージ

お客様、地域の関係者からのメッセージ

 私たち夫婦が9年ほど前に、てんわかかりつけ医院に通院するようになってから2か月たったころ、夫の様子がおかしいため医院へ電話をいたしました。先生と看護師さんが駆けつけて下さり、到着した救急車に同乗して病院へ同伴してくださいました。病院へ到着したとき「私が主治医です」と力強くおっしゃっていただきました。この言葉を聞いて一人で心細かった私に元気が出ました。馬場先生は最初の診察から主治医だと思う心と責任をもって診察されていらっしゃるのだと深く心に刻み込みました。

(M.S 様)

  月一回神戸から通っています。二年半前、父の物忘れがひどくなり心配で検査したところ、脳の老化が進んでいるが前向きに生活するように言われただけでした。何の対処も指導もして頂けず、どうしたものか悩んでいたところに、こちらのホームページを見つけました。藁にもすがる気持ちで診察を受け、それ以来ずっと月一回通っています。先生はしっかり話を聞いて下さり、決して否定したり強制したりせず一人一人に合った対処や指導をしてくださいます。本人はもちろん、家族も毎回行くたびに気持ちが前向きになり明日からまた頑張ろうという気持ちになります。父も毎月赤穂へ行って先生にお会いするのを楽しみにしております。

(A.T様のご令嬢様)

  主人は7年前に認知症と診断されましたが、私の住んでいる市には専門の病院がなくどうしたものかとご相談したところ馬場先生を紹介されました。それが縁で今日までお世話になっております。
主人と私の不安な胸の内を聞き、いつも患者目線でなんでも相談に乗ってくださいます。遠方からではありますが安心して通院させていただいております。おかげさまで主人の病状は進行が穏やかになり大変喜んでおりますと共に感謝の気持ちでいっぱいです。
(S.Y 様の奥様)

  2014年7月19日に出雲大社にて行われました馬場清志様の慶事、また10月5日には高円宮典子女王殿下と出雲大社権宮司、千家国麿様の結婚の儀がとり行われました。重なる慶事の後、日本国の平和と発展とともに、てんわかかりつけ医院が歩むことを神は天界より微笑の光明を照らされ末永く見守って下さることをお示しです。

(出雲大社阪丹講社 神職 山下玄祥 先生)

  馬場先生は、老人医療、老人介護に生涯を捧げようとしておられます。 私も、微力ながら、ご協力させていただきます。

(当院顧問弁護士 北門総合法律事務所 土谷 明 先生)