酸化防止

3.老化防止のポイント3つ。

栄養障害
エネルギー不足
酸化防止
酸化防止
酸化防止に機能する様々な物質が知られています。ビタミンE、ビタミンC、セレン、ピクノジェノール、αリノレン酸、その他諸々ございます。酸化防止物質の還元力の強さや疾病予防効果の比較については、今後の研究により明らかとなるでしょう。その中で特に有望と思われるのは水素水です。2007年に日本医科大学の太田成男教授は「Nature Medicine」に『水素(H2)の生体への有効性』を発表しました。水素には素晴らしい抗酸化作用があり、選択的に悪玉の活性酸素・ヒドロキシルラジカルを除去できることがわかったのです。低線量放射線療法と合わせて水素水を飲用し、大腿骨頭壊死が治癒した症例を知っています。今後のテーマとして情報収集を行います。